makilog

makipanda.exblog.jp
ブログトップ

軽井沢 「星のや」~滞在編

 ちょっと一休みということで、
お友達ととてもステキな軽井沢の「星のや」さんというところへ2泊泊まってきた。
あまりにステキなので、お食事編は別途、ということにする。


1日目。
神奈川県からはるばる、環八が混んでいたせいもあって、
途中のインターで、ビミョウなラーメンを食べ、
予定より、ちょっと遅くに軽井沢に到着。

車でレセプションに到着、(車はそこにおいておく)、
緑さやさや、川が横に流れているステキなテラスで甘酒のようなドリンクを頂く。
滞在中の着物(作務衣または浴衣)を選ぶ。
軽井沢の気候は、暑くてもからっとしていて過ごしやすい。
特に水辺は涼しい。
もうこの段階で癒され・・・・マイナスイオン満載だった。
c0014595_2239455.jpg


そこから、ホテル専用の「キューブ」(「星のや」仕様のかわいい車)に乗せてもらって、
さらに奥の細い道をクネクネ・・・
少し離れた「星のや」の集落へ。
お部屋に案内してもらう。
お部屋は離れになっていて、
リゾート内に川が流れていて、テラスからはリバービュー♪
鴨などもいて、船をこいでる村民もいた。
何ともステキな空間になっていた。

ここの「星のや」さんには、お部屋にTVと時計が置いてない。
川の流れる音や、CDを聞き、フロントなどがある棟に「ライブラリー」があるので、
本を読んだりして、日常を忘れてゆっくり過ごすというのがコンセプト。
お部屋も無駄なものは置いていない、スタイリッシュな空間。
天井も高くて、本当に気持ちがよい。
c0014595_2240204.jpg

c0014595_2240472.jpg


お部屋のお風呂には、
健やかに育った大きなミントの枝が置いてあった(お風呂に入れる用)
c0014595_22411998.jpg

一応、リゾート内には
「星野温泉トンボの湯」と宿泊者専用の「メディテイションバス」があるが、
お部屋のお風呂も気持ちよさそうな雰囲気だと思った。

この日はチェックインのときに、リゾート内の「村民食堂」を予約してもらったので、
そこでお食事を頂き、
夜は懐中電灯片手に「メディテイションバス」へ行ってみた。
不思議な空間のお風呂になっていて、
打たせ湯と、「光の部屋」と「闇の部屋」という空間があった。
(私はちょっと「闇の部屋」は暗くて苦手で、早めに退散・・・)
シャワーのスペースは一つ一つ独立した作りになっていて、これはポイント高い!

テラスでのんびりしたかったけど、
大きな蜘蛛がでてきたので、退散。
この日はここまで。






2日目。
昨日の蜘蛛は完璧な巣を作っていた!
しかもテラスの真ん中に!

朝、同じ系列の「ホテルブレストンコートホテル」の「ノーワンズレシピ」というレストランで
朝食を頂きに、星のやのフロントからバスで出かける。

ブレストンコートの敷地内に、
軽井沢高原教会」と「石の教会(内村鑑三の教会と、記念堂)」
があるので、朝食後、散策。
内村鑑三を、学生時代に授業で勉強した記憶を思い出す。
c0014595_22444723.jpg

二つの教会とも、中に入ることができて、
高原教会は「伝統的」なのに対し、石の教会は「モダン」な感じで、
どちらもよい教会だと思った。
結婚式もできるらしい。
c0014595_2245914.jpg


中軽の駅の向こうでランチをして(ブレストンコートから歩いた。長い道のり・・・)
早めに星のやへ戻り、のんびりする。
夕方、テラスの住人(大きな蜘蛛)が不在だったので、
友達が巣を壊した。のに・・・・?
またテラスには巣が復活していた・・・・・

夜はメインダイニングの「嘉助」で。

2日目はライブラリーでの時間も楽しむ。
ライブラリーには、心地よいソファと、ドリンク、そして本や写真集が置いてある。
なかなか普段読まないようなラインナップなので、
いろんな忘れていた感性を刺激する感じで、おもしろかった。
まんまと「星のや」の策略(?)に乗ってるのかな。

この日は「軽井沢でクマが現れた」、というニュースを聞いていた。
なので、懐中電灯片手にちょっとお風呂へ行く道も、リアルにドキドキ感があった。
道中、カエルにも会った。ミミズもいた。
カエルやミミズを見るなんて、ほんとに久々。
正直、あんまり会いたくないけれど、でも、自然の中だもんね、と
ちょっと寛大になってる自分がいた。


3日目。
この日はおうちへ帰る日。
ゆっくり目の朝ご飯を頂に「嘉助」へ。
チェックアウトをして、名残惜しいけれど、
お部屋までキューブが来てくれて、車まで送ってもらう。
とってもステキで癒しの空間だった「星のや」を後にする。

途中、「沢屋」でジャムと「浅野屋」でパンを購入して、帰途へ。
帰りはとってもスムーズで軽井沢のインターから、3時間もせずに、我が家へ到着した。

c0014595_22423528.jpg

「星のや」は基本2泊から予約ができるが、1泊でも予約ができる。
でも・・・泊まってみて分かるのは、やはり2泊はしないと、
「星のや」の良さは完璧には味わえないかもって思う。
ホテルのスタッフの対応も、過剰ではないけど、
どれも心地よいもの。
もちろん、緑の木々も心地よく、こんなにのんびり・伸びやかな気分になったのは、
ホントに久々だと思った。
心の洗濯ができた滞在だった。
是非また訪れようと思った。
[PR]
by maki-panda | 2007-08-14 22:54 | ひとやすみ。